トップページ

日本国債暴落が来ると円安になる。通貨安はインフレ。

最近の日本はデフレだ!デフレだ!と騒いでいます。
しかしデフレのほうが、まだ経済をコントロールできる分、マシとも言えます。
本当に怖いのはインフレです。それもとどまることを知らないハイパーインフレ・・・
それが近い将来、日本に迫ってきているのです。

そのインフレへの起爆剤が ”日本国債の暴落” です

日本経済は底堅さを維持しつつもじわじわ、じわじわ弱体化しています。
そして今やGDP比率200%以上に膨れ上がった借金という爆弾を抱えてしまっています
この爆弾が破裂してしまった時、国債暴落という最悪の事態を引き起こHFけっsして
デフォルト:債務不履行を出してしまう可能性が出てきます。
デフォルトになるとどうなるかは2011年のギリシャなどを見ればおわかりでしょう、
経済不安が起こり、急激な増税が課せられ、失業者はあふれ、
公務員の大量リストラに大幅な賃金カット、そして年金の破綻などが起こります
そして信頼のなくなった国の通貨は暴落して、通貨安からハイパーインフレを引き起こします
ギリシャは統一通貨を導入していたためにハイパーインフレにはならなかったものの
やはりひどいインフレが起こってしまい、人々の資産は減って行きました
これが近い将来の日本で現実的に起こる可能性がどんどん高まっているのです

日本国債の暴落の兆し

日本国債の暴落の兆しは、すでにCDSに現れています。
CDSとはクレジットデフォルトスワップという金融商品であり、
ある対象の保険料みたいなものです。これが上昇すれば対象の破たんが迫ってくることを示します。
2007年のサブプライムローンの住宅ローン債券CDSや、
2010年のギリシャショックでのギリシャ国債CDSは破たんする前から
どんどん、どんどん上昇して危険な予兆を示し始めていました。
そして今日本国債のCDSがどんどん上昇し、日本国債の破たんが迫っていることを表しています。

正直、いつ暴落してもおかしくありません。
暴落すれば通貨円も暴落し、経済が混乱、インフレが始まってしまいます。
その時は刻一刻と迫ってきています。今のうちに対策をしておかないと、
長年かけてためてきた貯金や家や資産をガンガン失って、増税と大支出にあえぐことになるでしょう。

迫り来るハイパーインフレ対策

外貨を買う

マネーパートナーズを使えば為替手数料がたったの数銭で円を外貨に両替ができる。もちろんFX取引で資産を増やすこともできる。

ゴールド:金を買う

DMM CFD

DMMCFDでは金や原油などの資産を簡単に買うことができる。実物資産購入は最も手軽な対策!レバレッジをかけて買うこともできる。

物価連動債券を買う

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。国内や海外に上場している物価連動ETFに投資することができるのだ。

広告イメージ
FXよりバイナリーオプション 充電時間