トップページ中国のインフレ

中国のインフレはひどいもんだ

現在では、中国という存在は、経済的にも、決して無視することができない存在になってきています。中国は後継に沸いているとされていますが、そこで気になってくるのは、どのようなインフレ状態になっているかということでしょう。中国のほかにも、インドやブラジル、ロシア、南アフリカといったところが、いわゆる新興国と呼ばれています。これら新興国の中でも、中国のインフレ率は、比較的安定をしたところで推移していることが分かります。
ここ数年を見てみても、インフレ率は、4%未満といったところで推移をしているので、物価の変動率が安定をしているということになります。2007〜2008年には、5%前後という高水準になったこともありますが、これは世界的に原油の価格が急騰をしたことが影響をしていると考えられています。原油の価格が落ち着くと、再びインフレ率は安定をしていっています。新興国よりも、先進国のインフレ率に近いところがあります。
ただし不安要因が全くないわけではありません。中国では現在、かつて日本が経験しているような不動産バブルが進行をしているところにあります。不動産の価値が急騰をすることで、ほかの物価も上昇するのではないかという見方もあるのです。
例えば、2011年に入って、食料品の価格が高騰をし始めているといわれています。11%以上の価格上昇を記録しています。特に豚肉の価格が急騰をしていて、40%を超える物価上昇率を記録したとも言われています。中国は、貧富の差が激しいとされているので、外しい生活をしている人は、しょう区料品を購入することも危ぶまれる状態に陥る可能性もあると見ている専門家の人もいます。実際中国で起きて入るデモの中には、このようなインフレを何とかしてほしいということも関係しているようです。

迫り来るハイパーインフレ対策

外貨を買う

マネーパートナーズを使えば為替手数料がたったの数銭で円を外貨に両替ができる。もちろんFX取引で資産を増やすこともできる。

ゴールド:金を買う

DMM CFD

DMMCFDでは金や原油などの資産を簡単に買うことができる。実物資産購入は最も手軽な対策!レバレッジをかけて買うこともできる。

物価連動債券を買う

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。国内や海外に上場している物価連動ETFに投資することができるのだ。

新規開拓事業へ投資する

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。いち早くエコエネルギー事業や水事業などの新規事業への投資をしよう!

広告イメージ
充電時間