トップページドイツのハイパーインフレ

第1時世界大戦後ドイツのハイパーインフレ

ハイパーインフレが起きると、物価がとんでもない勢いで上昇していってしまいます。ですから、その国の経済に、大混乱を起こす危険性があります。ハイパーインフレが起きた事例はいろいろとありますが、中でもドイツでおきたハイパーインフレは、世界的にも代表的な事例ということができるでしょう。サラエボ事件と呼ばれる、セルビア人の青年によって、オーストリアの皇太子が暗殺されたことによって、第一次世界大戦が勃発しました。
ドイツも第一次世界大戦に参戦をしたのですが、最終的には敗北をしてしまいます。その結果、パリ講和会議によって、ドイツのもつ植民地が没収をされてしまいました。植民地から受ける恩恵がカットされ、しかも総力戦を展開していたので、出費もかさんでしまいました。しかもパリ講和会議後の、ロンドン会議では、賠償金として、1320億マルクという天文学的な賠償額まで請求されることになりました。しかも支払うことができないとなると、ルール地方の占領をフランスがはじめることになったのです。ちなみにルール地方は、ドイツでも屈指の工業地帯として知られているところです。
そうすることで、社会的な不安、ドイツとしての国の信用不安が起こってきます。さらにドイツの中央銀行では、お札をどんどん吸ってしまったことで、インフレが相乗効果が出来上がっていき、ハイパーインフレが起きたのです。
ドイツはこのハイパーインフレを、レンテンマルクという新しいマルク紙幣を発行することで、うまく自体の終息を図っていきました。またドイツの公債をアメリカで販売をするといった、当時では画期的な構想も実行売ることで、ハイパーインフレは徐々におさまっていったとされています。

迫り来るハイパーインフレ対策

外貨を買う

マネーパートナーズを使えば為替手数料がたったの数銭で円を外貨に両替ができる。もちろんFX取引で資産を増やすこともできる。

ゴールド:金を買う

DMM CFD

DMMCFDでは金や原油などの資産を簡単に買うことができる。実物資産購入は最も手軽な対策!レバレッジをかけて買うこともできる。

物価連動債券を買う

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。国内や海外に上場している物価連動ETFに投資することができるのだ。

新規開拓事業へ投資する

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。いち早くエコエネルギー事業や水事業などの新規事業への投資をしよう!

広告イメージ
充電時間