トップページハンガリーのハイパーインフレ

ハンガリーのハイパーインフレ

ハンガリーでも過去には、ハイパーインフレを経験したことがあります。ハンガリーでは過去に、ペンゲーという通貨を使用していました。このペンげーが、ハイパーインフレによって、使うことができなくなってしまったのです。
ペンげーは、第一世界大戦の後に導入をされた通貨のことを言います。比較的安定した通貨ということで、近隣諸国からも信用を受けていました。
ところが、世界恐慌とその後に勃発をした第二次世界大戦の後になって、ハイパーインフレを記録することになります。しかも歴史上、最も高いインフレ率を記録することになり、急速にペンゲーはその価値を失っていくことになってしまいます。そこでペンゲーの交換価値についての再設定を行わないといけない事態になってしまいます。
しかし交換価値の再設定をして、沈静化を図ったのですが、それでも物価の上昇率を抑えることができずに、ハイパーインフレの状態は、完全に国でもコントロールすることができなくなってしまいます。最終的には、ペンゲーの額面はどんどん高額なってしまい、中には10垓ペンゲーという紙幣が発行されるところまで行ってしまいます。ちなみに10垓というのは、10の21乗の単位を表します。
1946年には、アドーペンゲーというものが導入されました、これは、税のペンゲーという意味で、ペンゲーと等価値で、税金の支払いをするためにつくられた貨幣のことを言います。そして同年には、これを法定通貨として認定をすることになります。
最終的には、フォリントという通貨が導入されることになります。フォリントを導入することで、ようやくハンガリーのハイパーインフレも沈静化の方向に向かったとされています。

迫り来るハイパーインフレ対策

外貨を買う

マネーパートナーズを使えば為替手数料がたったの数銭で円を外貨に両替ができる。もちろんFX取引で資産を増やすこともできる。

ゴールド:金を買う

DMM CFD

DMMCFDでは金や原油などの資産を簡単に買うことができる。実物資産購入は最も手軽な対策!レバレッジをかけて買うこともできる。

物価連動債券を買う

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。国内や海外に上場している物価連動ETFに投資することができるのだ。

新規開拓事業へ投資する

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。いち早くエコエネルギー事業や水事業などの新規事業への投資をしよう!

広告イメージ
充電時間