トップページ戦後のハイパーインフレ

戦後の日本でハイパーインフレと預金封鎖

ハイパーインフレというのは、今まで全く同じ商品が数倍に値上がりをする状態のことを言います。貨幣価値は一気に下がって、場合によっては、紙切れ同然のような状態になってしまう可能性もあります。ハイパーインフレというのは、先進国では、よほどのことがない限り、まずお子ならい現象ということができます。日本も、一見、全くハイパーインフレとは関係がないような感じがするかもしれません。しかし日本は、すでにハイパーインフレを経験したことがあるのです。
日本は、第2次世界大戦で、4年以上世界の列強と戦争をしていました。長いこと戦争をするということは、それだけお金が必要になってきます。日本も戦時中、いろいろな国から借金をしてきました。最大で、国の収入の9倍程度までに上ったとされています。
しかも最終的に日本は、第2次世界大戦で、敗北を喫することになります。このため、国でお金を返すことができなくなってしまったわけです。そこで、貨幣を大量に発行をすることで、この難局を乗り切ろうとしたわけです。すると、市場にお金が大量の出回るようになって、ハイパーインフレが起きてしまったのです。
ハイパーインフレが起きたことで、お金の価値が下がります。すると借金の額も額面上は一緒でも、価値自体が低くなるので、簡単に返済をすることができるのです。こうして、大量にあった借金を日本は、ハイパーインフレを起こすことで返済していきました。市場経済についてですが、こちらは、預金封鎖をして、新円に切り替えを行うことで、うまく乗り切ることができたとされています。日本にも戦争直後には、ハイパーインフレという、異常な状態がおきたことがあったわけです。

迫り来るハイパーインフレ対策

外貨を買う

マネーパートナーズを使えば為替手数料がたったの数銭で円を外貨に両替ができる。もちろんFX取引で資産を増やすこともできる。

ゴールド:金を買う

DMM CFD

DMMCFDでは金や原油などの資産を簡単に買うことができる。実物資産購入は最も手軽な対策!レバレッジをかけて買うこともできる。

物価連動債券を買う

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。国内や海外に上場している物価連動ETFに投資することができるのだ。

新規開拓事業へ投資する

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。いち早くエコエネルギー事業や水事業などの新規事業への投資をしよう!

広告イメージ
充電時間