トップページ > 日本はインフレになるのか

日本はインフレになるのか

日本はインフレになるのか?それはすべて国債暴落にかかっています。
国債が暴落すれば、国の信用が地に堕ちて、当然通貨の円も暴落します。
通貨が下落すると円安になってハッピーと思ってしまうかもしれませんが、
その円安が過度に進めば、いろんなモノの価格がどんどん上がってしまいます
それが止まらなくなってしまうほど強くなればインフレが止まらずハイパーインフレです。

では、国債暴落の可能性を考えてみましょう。
現在、日本国債は破たんリスクをかかえており、格付けも下がりっぱなしです。金利も最低に近い0コンマの金利、長期国債でも1.0%程度にすぎません。これは外国人投資家が買う魅力にあまりにもかけています。そのため日本国債を買っているのは日本の金融機関と個人にすぎません。彼らの資金が国債の暴落を防いでいると断言できるのです。

逆にいえば、彼らの買い支えが途切れたとき、国債を買う人がいなくなり暴落が現実になります。

他にも日本国債が下がる要因を挙げてみましょう。

【国債の暴落要因】

・ 買い支えの最重要機関でもある公的年金、この年金運用の国債の買いが近々なくなります。それは増え続ける年金受給に対応すべく、資金を捻出するために国債を現金化、つまり売らなくてはならない状況になっていること。

・ 日本の個人金融資産は1,500兆円だが、住宅ローンなどの負債400兆円を差し引くと、借金900兆円からの余裕が200兆円しかないこと。毎年50兆円国債を発行しているため、これでは単純計算で4〜5年で個人金融資産を借金が上回ってしまう。つまり5年後には買い手がいなくなってしまう。

・ 国債の格下げが続いて、ますます外国人投資家は日本国債を買わなくなった

・ 売国奴民主政権が全くこの問題に対応していない、責任放棄の状況

・ 海外の債券運用期間が日本国債の売りを始めていること


挙げれば挙げるほど、ますます国債暴落が近づいているとしか思えない状況。
むしろ、国債が上がる、安定する条件はなにかないのでしょうか?という事実。
日本の金融資産での買い支え以外には買う人がいない・・・
つまりこの買い支えがなくなる4〜5年後には・・・


迫り来るハイパーインフレ対策

外貨を買う

マネーパートナーズを使えば為替手数料がたったの数銭で円を外貨に両替ができる。もちろんFX取引で資産を増やすこともできる。

ゴールド:金を買う

DMM CFD

DMMCFDでは金や原油などの資産を簡単に買うことができる。実物資産購入は最も手軽な対策!レバレッジをかけて買うこともできる。

物価連動債券を買う

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。国内や海外に上場している物価連動ETFに投資することができるのだ。

新規開拓事業へ投資する

業界No.1のSBI証券では様々なものに投資することができる。いち早くエコエネルギー事業や水事業などの新規事業への投資をしよう!

広告イメージ
充電時間